教員・職員の紹介

 2人の教員と技術職員で,1つの研究室として運営しています。

教授 貫上佳則

経歴

1983 京都大学 工学部 衛生工学科
1985 京都大学大学院 工学研究科 衛生工学修士課程

授業科目

都市学入門
環境計測学
水処理工学
地圏環境工学
都市学実験
都市環境工学特別演習I

研究課題

下水汚泥からのリンの回収
下水処理場における熱の有効利用
最終処分場浸出水のモニタリングと適正処理
大規模災害時の水需要に関する評価

業績リストはこちら

准教授 水谷聡

経歴

1992 京都大学 工学部 衛生工学科 卒業
1994 京都大学大学院 工学研究科 衛生工学修士課程 修了

授業科目

都市学入門
都市資源リサイクル工学
都市・環境史
都市環境学
都市学実験
環境評価学
大阪の都市づくり
都市資源リサイクル工学特論
特別演習 都市リサイクル工学II

研究課題

循環資源の有効利用に伴う有害性評価
廃棄物の溶出試験の開発
焼却灰,溶融スラグの適正処理と有効利用

業績リストはこちら
個人のページはこちら
ごみ箱ブログはこちら

職員

技術職員 年見寛和
研究員  相原咲季
秘書   坂井圭子

連絡先

メールでご連絡ください。アドレスは です。


研究室のトップへ