論文リスト

研究論文等-査読付き論文

  1. 水谷聡,角谷和志,貫上佳則,カラム試験による土壌の水銀イオン収着挙動の評価,土木学会論文集G(環境),Vol.67,No.7 pp.267-272 2011
  2. H. Hasegawa, I.M.M. Rahman, M. Nakano, Z.A. Beguma, Y. Egawa, T. Maki, Y. Furusho, S. Mizutani: Recovery of toxic metal ions from washing effluent containing excess aminopolycarboxylate chelant in solution, Water Research, 45 pp.4844-4854, 2011
  3. Ze-hua LIU Yoshinori KANJO and Satoshi MIZUTANI, Removal of Natural Free Estrogens and their Conjugates in a Municipal Wastewater Treatment Plant, Clean-soil, air, water, Vol.39, No.2, pp.128-135, 2011
  4. 水谷聡、角谷和志、貫上佳則、pHの異なる条件下での水銀化合物の土壌への収着挙動、環境工学研究論文集,Vol.47,pp.267-272, 2010
  5. Z. Liu, Y. Kanjo and S. Mizutani, Deconjugation characteristics of natural estrogen conjugates by acid-catalyzed solvolysis and its application for wastewater samples, J. Environ. Monit., 1594-1600, 2010
  6. Z. Liu, T. Hashimoto, Y. Okumura, Y. Kanjo, S. Mizutani, Simultaneous analysis of natural free estrogens and their conjugates in wastewater by GC/MS, Clean-soil, air, water, 38(2), 181-188, 2010
  7. Z. Liu, Y.Kanjo and S. Mizutani, A review of phytoestrogens: their occurrence and fate in the environment, Wat. Res., 44(2), 567-577, 2010
  8. Abdurishit Mukedes,貫上佳則,水谷聡, 重金属のフミン酸への吸着特性, 環境技術,39, 222-228, 2010
  9. Z. Liu, Y. Kanjo, S. Mizutani, Removal mechanisms for endocrine disrupting compounds (EDCs) in wastewater treatment -- physical means, biodegradation and chemical advanced oxidation: A review, Sci. Total Environ., 407, 731-748, 2009
  10. 川崎太也,伊藤裕一,小林克人,水谷聡,貫上佳則, 道路粉塵と道路排水に含まれる多環芳香族炭化水素類およびニトロアレーンの分布と近隣河川への排出特性, 環境工学研究論文集,46,337-343, 2009.11
  11. 橋本健,劉則華,奥村洋一,水谷聡,貫上佳則, GC/MSを用いた天然エストロゲン抱合体の分析における脱抱合処理条件, 環境工学研究論文集,46,329-336, 2009
  12. Z. Liu, Y. Kanjo, S. Mizutani, Urinary excretion rates of natural estrogens and androgens from humans, and their occurrence and fate on the environment: a review, Sci. Total Environ., 407, 4975-4985, 2009
  13. 山下泰志,水谷聡,貫上佳則:焼却灰の洗浄処理と金属類の挙動,環境工学研究論文集,Vol.45,pp.251-257 (2008)
  14. 水谷聡,植村政也,山田攻男,貫上佳則:炭酸化処理した都市ごみ焼却飛灰セメント固化体の拡散溶出試験による評価,環境工学研究論文集,Vol.44,pp.435-441 (2007)
  15. 伊藤祐一,林直人,貫上佳則,水谷聡:大和川における多環芳香族炭化水素類の流下特性,環境工学研究論文集,Vol.44,pp.383-390 (2007)
  16. 奥村洋一,辻本暁子,貫上佳則,水谷聡:大和川における農薬の流下特性,環境工学研究論文集,Vol.44,pp.375-381 (2007)
  17. S.Mizutani, N.Watanabe, S.Sakai, H.Takatsuki: Influences of particle size preparation of MSW incineration residues on heavy metals leaching behavior in leaching tests, Environmental Sciences, Vol.13, No.6, pp.363-370 (2006)
  18. P.Agamuthu, C.Subramaniam, S.Mizutani, H.Takatsuki: Solidification and Stabilisation of Fly Ash from A Mixed Hazardous Waste Incinerator using Ordinary Portland Cement (OPC), Environmental Sciences, Vol.13, No.5, pp.289-296 (2006)
  19. N. Watanabe, S. Mizutani, H. Takatsuki: A Simplified Estimation of Loss of Life Expectancy (LLE) Using Rectangular Approximation Method, Environ Sci,Vol.14, No.1, pp.9-14 (2007)
  20. N.Watanabe, A.Takakura, Y.Minami, S.Mizutani, H.Takatsuki: Correlation of low-volatile organic chlorine (LVOCl) and PCDD/Fs in various municipal waste incinerators (MWIs), Chemosphere 67 pp.S198-S204 (2007)
  21. T.Nomura, S.Mizutani, Y.Suzuki, N.Watanabe, H.Takatsuki: Estimation and control of atmospheric emission of chloroform and dichloromethane from laboratory activity, Environmental Sciences, Vol.13, No.4, pp.219-234 (2006)
  22. 渡辺信久,南吉隆,水谷聡,高月紘,高倉晃人:排ガス中の中-低揮発性有機塩素化合物(SLVOCl)の捕集および定量に関する基礎的検討,環境化学,Vol.14, No.3,pp.597-604 (2004)
  23. 野村直史,水谷聡,鈴木靖文,渡辺信久,高月 紘:京都大学における化学薬品の物質収支の把握,環境衛生工学研究,Vol.18,No.1 pp.19-26 (2003)
  24. 肴倉宏史,水谷聡,田崎智宏,貴田晶子,大迫政浩,酒井伸一:利用形状に応じた拡散溶出試験による廃棄物溶融スラグの長期溶出量評価,廃棄物学会論文誌,Vol.14,No.4,pp.200-209 (2003)
  25. S. Mizutani, S. Sakai, H. Takatsuki: Investigation of hydrogen generation from municipal solid waste incineration fly ash, Journal of Material Cycles and Waste Management, Vol.2, No.1, pp.16-23 (2000)
  26. S.Mizutani, H.van der Sloot, S.Sakai : Evaluation of Treatment of Gas Cleaning Residues from MSWI with Chemical Agents, Waste Management, Vol. 20, No.2/3, pp. 233-240 (2000)
  27. S. Mizutani, T. Yoshida, S. Sakai and H. Takatsuki: Release of Metals from MSWI Fly ash and Availability of Alkali Condition, Waste Management, Vol.16, No.5/6, pp.537-544 (1996)
  28. 酒井伸一,水谷聡,高月紘,岸田拓郎:廃棄物の溶出試験に関する研究−アベイラビリティ試験とpH依存性試験−,廃棄物学会論文誌,Vol.6,No.6,pp.225-234 (1995)

総説,研究展望論文等

  1. 水谷聡,渡辺信久,高月紘:大学の環境管理からの展開,土木学会論文集,No.783,VII-34,pp.1-13 (2005)
  2. 酒井伸一,水谷聡,高月紘:溶出試験の基本的考え方,廃棄物学会誌,Vol.7,No.5,pp.383-393 (1996)
  3. 高月紘,酒井伸一,水谷聡:災害と廃棄物性状 −災害廃棄物の発生原単位と一般廃棄物組成の変化−,廃棄物学会誌,Vol.6,No.5,pp.351-359 (1995)

Proceedings中の論文等

  1. S. Mizutani, Y. Kanjo: Distribution of the acid extractable Pb contents in solid waste melting slag, Proceedings of the 8th International conference on Sustainable management of waste and recycled materials in construction (WASCON2012), Gothenburg, Sweden, 30 May - 1 June 2012
  2. S. Mizutani, Y. Kanjo, H.Hasegawa: Recovery of indium from waste-LCD by chemical extraction method,The 26th International Conference on Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, U.S.A., pp.1188-1193, 2011.3
  3. S. Mizutani, Y. Kanjo, M. Sakai, O. Yamamoto: Estimation of the amounts of general solid wastes from daily life and business activities in Osaka City, Proceedings of the First Forum on Studies of the Environmental & Public Health Issues in Asian Mega-cities (EPAM2009), Osaka, 205-212, 2009.8
  4. S. Mizutani and Y. Kanjo: Estimation of solid wastes generation from each administrative district in Osaka City, Proceedings of The 17th seminar of JSPS-MOE core university program on Urban Environment, Kyoto, 508-515, 2009.11
  5. Y. Kanjo, S. Uramoto, S. Mizutani, A.Ohshima, H.Masuda: Remediation of groundwater contaminated whith heavy metals and volatile organochlorinated compounds by permeable reactive bareer, Proceedings of the First Forum on Studies of the Environmental & Public Health Issues in Asian Mega-cities (EPAM2009), Osaka, 159-166, 2009.8
  6. Z. Liu, Y. Okumura, K. Hashimoto, Y. Kanjo, S. Mizutani, O. Yamamoto: Deconjugation characteristics of natural estrogen conjugates by Arylsulfatase/ glucuronidase enzyme and its application for wastewater sample, Proceedings of the First Forum on Studies of the Environmental & Public Health Issues in Asian Mega-cities (EPAM2009), Osaka, 21-30, 2009.8
  7. O. Yamamoto, Z. Inoue, I. Fukunaga, T. Nishitani, Y. Kanjo, S. Mizutani, T. Imoto: How to reduce solid waste and wastewater in small and medium enterprise,, Proceedings of the First Forum on Studies of the Environmental & Public Health Issues in Asian Mega-cities (EPAM2009), Osaka, 241-250, 2009.8
  8. T.Nomura, S.Mizutani, Y.Suzuki, N.Watanabe, H.Takatsuki: Estimation of chloroform and dichloromethane emissions from Kyoto University and volatilization behavior in laboratory, Proceedings of 7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management (AANESWM), Sep.19-21, Tokyo, Japan, pp.99-102 (2005)
  9. N.Watanabe, S.Mizutani, H.Takatsuki: A plain estimation of lost life expectancy (LLE) using a rectangular approximation method, Proceedings of 7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management (AANESWM), Sep.19-21, Tokyo, Japan, pp.45-48 (2005)
  10. P.Agamuthu, C.Subramaniam, S.Mizutani, H.Takatsuki: Solidification and stabilization of fly ash from a mixed hazardous waste incinerator using ordinary portland cement (OPC), 7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management (AANESWM), Sep.19-21, Tokyo, Japan, pp.155-158 (2005)
  11. S.Mizutani, N.Watanabe, S.Sakai, H.Takatsuki: Influences of particle size preparation of MSW incineration residues on heavy metals leaching behavior in leaching tests, Proceedings of 7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Management (AANESWM), Sep.19-21, Tokyo, Japan, pp.151-154 (2005)
  12. S.Mizutani, N. Watanabe, H.Takatsuki: Acid neutralizing capacity of municipal solid waste incineration residues and melting slag, Proceedings of The 3rd Intercontinental Landfill Research Symposium, Nov.29-Dec.2, Toya,Hokkaido, Japan, pp.179-180 (2004)
  13. N.Watanabe, A.Takakura, Y.Minami, S.Mizutani, H.Takatsuki : Correlation of low volatile organic chlorine (LVOCl) and PCDD/Fs in various municipal waste incinerators (MWI) Organohalogen Compounds Vol.66, 758-765 (2004)
  14. A.Takakura, N.Watanabe, Y.Minami, S.Mizutani, H.Takatsuki : Measurement of the collection efficiency and adsorptive distribution of semi and low volatile organic chlorine (SLVOCl) in flue gas Organohalogen Compounds Vol.66, pp.772-776 (2004)
  15. H.Sakanakura, S.Mizutani, M.Osako, A.Kida, T.Tasaki, S.Sakai,Evaluation of Grains and Mortars of Waste Molten Slag by Diffusion Test, Proceedings of WASCON2003, Fifth International Conference on the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials, pp.281-290 (2003)
  16. S.Mizutani, H.Sakanakura, M.Osako, A.Kida, S.Sakai, H.Takatsuki:Characterization of waste melting slag by multivariate analysis, Proceedings of WASCON2003, Fifth International Conference on the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials, pp.561-570 (2003)
  17. Y.Suzuki, S.Mizutani, T.Nomura, N.Watanabe, H.Takatsuki: Waste and Chemical Materials Management in Kyoto University, Proceedings of Seminar on Appropriate Waste Management for Establishing Zero Discharge System, JSPS-VCC Seminar in Kyoto, October 24 - 25, Kyoto, pp.77-82 (2002)
  18. S.Mizutani, N.Watanabe, H.Takatsuki : Stabilization/Solidification of Heavy Metals in Municipal Solid Waste Incineration Fly Ash in Japan, Proceedings of Seminar on Appropriate Waste Management for Establishing Zero Discharge System, JSPS-VCC Seminar in Kyoto, October 24 - 25, Kyoto, pp.17-21 (2002)
  19. S.Mizutani, S. Sakai, H. Takatsuki: Acid neutralizing capacity (ANC) and leaching test scheme for short and long term behaviour of granular waste, Proceedings of the 1st International Landfill Research Symposium, p.21 (2000)
  20. S.Sakai, S.Mizutani, T.Uchida, T.Yoshida: Substance flow analysis of persistent toxic substances in the recycling process of municipal solid waste incineration residues, in Wooley/Goumans/Wainwright, eds., Waste Materials in Construction, Elsevier Science, pp.893-903 (2000)
  21. S.Mizutani, S.Sakai, H.Takatsuki: Leaching behaviours of heavy metals from MSWI residues and Pb adsorption onto the residues under alkaline condition, in Wooley/Goumans/Wainwright, eds., Waste Materials in Construction, Elsevier Science, pp.726-732 (2000)
  22. S.Mizutani, S.Sakai, H.Takatsuki: Effects of CO2 in the air on leaching behaviour of heavy metal from alkaline residues, Proceedings of Waste Stabilization & Environment 99 -Posters-, pp.125-127 (1999)
  23. S.Sakai, S.Mizutani, T.Uchida, T.Yoshida, T.Sato: Leaching behaviors of melting slag of municipal solid waste and its secondary products, Proceedings of Waste Stabilization & Environment 99, pp.489-494 (1999)
  24. S.Mizutani, S.Sakai, H.Takatsuki: Investigation of leaching test for waste - A case study of heavy metals from MSWI fly ash, Proceedings of Annual Conference of Korea Solid Waste Engineering Society (Korea - Japan English Session), pp. 91-95 (1998)
  25. S.Mizutani, H. van der Sloot, S. Sakai: : Evaluation of Treatment of Gas Cleaning Residues from MSWI with Chemical Agents, The Proceedings of the International Conference for the Environmental and Technical Implications of Construction with Alternative Materials, June 4-6, Houthem St. Gerlach, The Netherlands (1997)
  26. S.Mizutani, H.van der Sloot, S.Sakai : Evaluation of Treatment of Gas Cleaning Residues from MSWI with Chemical Agents, in Goumans/Senden/van der Sloot, eds., Waste Materials in Construction: Putting Theory into Practice, Elsevier, Amsterdam, pp.95-104 (1997)
  27. S.Mizutani, T.Yoshida, S.Sakai, H.Takatsuki: Release of metals from fly ash and availability in alkali condition, Seminar on Cycle and Stabilization Technologies of MSW Incineration Residue, pp.197-207, March 5-8, Kyoto (1996)

口頭発表等

  1. 水谷聡,角谷和志,貫上佳則,高岡昌輝:カラム試験による土壌の水銀収着挙動の評価,第48回環境工学研究フォーラム,2011
  2. 山岡文洋,水谷聡,貫上佳則:酸抽出-固相吸着法による廃液晶パネルからインジウムの抽出と回収,第48回環境工学研究フォーラム,pp.143-145,2011
  3. 水谷聡,角谷和志,貫上佳則,高岡昌輝:都市ごみ焼却飛灰中の水銀のpH依存性溶出挙動,第22回廃棄物資源循環学会研究発表会,pp.545-546,2011
  4. 辻貴行,水谷聡,貫上佳則:都市ごみの焼却飛灰・溶融飛灰の薬剤処理に伴う二硫化炭素の発生特性,第22回廃棄物資源循環学会研究発表会,pp.529-530,2011
  5. 宗村邦嗣,田野崎隆雄,木村健一,水谷聡,貫上佳則:災害廃棄物処理における放射能の現地簡易測定,第22回廃棄物資源循環学会研究発表会,pp.145-146,2011
  6. 江川侑志,村瀬龍太,澤井光,牧輝弥,水谷聡,長谷川浩:マイクロ波照射を適用したキレート抽出による廃ITO ガラス中のインジウム回収,第22回廃棄物資源循環学会研究発表会,pp.217-218,2011
  7. 野中将治,阪井幸太,水谷聡,貫上佳則,長谷川浩:酸・キレート抽出と水洗浄の組み合わせによるダスト類からの有価金属の回収,第11回環境技術学会研究発表大会,pp.100-101,大阪,2011
  8. 辻貴史,貫上佳則,水谷聡:下水処理施設と都市ごみ清掃工場との連携によるバイオマスエネルギー創出量の評価,第11回環境技術学会研究発表大会,pp.48-49,大阪,2011
  9. 森正幸,水谷聡,貫上佳則,鍋島美奈子,佐久間康富:淀川流域の24自治体における水賦存量の試算,第11回環境技術学会研究発表大会,pp.20-21,大阪,2011
  10. 江川侑志,澤井光,水谷聡,長谷川浩:キレート洗浄を利用した廃ITOガラスからのインジウム抽出,第11回環境技術学会研究発表大会,pp.102-103,大阪,2011
  11. 水谷聡,貫上佳則,長谷川浩,酸抽出-固相吸着法による使用済み液晶パネルからのインジウムの回収,廃棄物資源循環学会,pp.193-194,金沢,2010年11月
  12. 角谷和志,水谷聡,貫上佳則,水銀の土壌への吸着におけるpHの役割,廃棄物資源循環学会,pp.551-552,金沢,2010年11月
  13. 長谷川浩,江川侑志,牧輝弥,水谷聡,焼却飛灰中に含まれるレアメタル元素のキレート抽出に関する基礎検討,廃棄物資源循環学会,pp.235-236,金沢,2010年11月
  14. 水谷聡,貫上佳則,鍋島美奈子,佐久間康富,環境教育を目指した下水処理施設の汚濁負荷除去能力の評価と可視化,第10回環境技術学会研究発表大会,京都,2010年9月
  15. 角谷和志,水谷聡,貫上佳則,土壌中のフミン酸への水銀の吸着挙動,第10回環境技術学会研究発表大会,京都,2010年9月
  16. 水谷聡,山下泰志,貫上佳則,長谷川浩,キレート洗浄−固相抽出法による飛灰からのPbとCdの回収,京都大学環境衛生工学研究,Vol.18?,No.3,pp.??-??,2010年7月
  17. 水谷聡,貫上佳則,自治体における都市ごみ溶融スラグの検査頻度,第31回全国都市清掃研究・事例発表会,松山,2010年1月
  18. 川崎太也,伊藤裕一,小林克人,水谷聡,貫上佳則, 道路粉塵と道路排水に含まれる多環芳香族炭化水素類およびニトロアレーンの分布と近隣河川への排出特性, 環境工学研究論文集,46,337-343, 2009.11
  19. 橋本健,劉則華,奥村洋一,水谷聡,貫上佳則, GC/MSを用いた天然エストロゲン抱合体の分析における脱抱合処理条件, 環境工学研究論文集,46,329-336, 2009.11
  20. 水谷聡,堀部孝仁,貫上佳則,中山裕文,島岡隆行,灰洗浄処理を題材とした最終処分場の維持管理期間とライフサイクルコストの検討,第20回廃棄物資源循環学会研究発表会,名古屋,2009年9月
  21. 角谷和志,水谷聡,貫上佳則,水銀化合物の溶解度のpH依存性と土壌への吸着特性,第20回廃棄物資源循環学会研究発表会,名古屋,2009年9月
  22. 澤部咲余,中山裕文,島岡隆行,水谷聡,廃棄物フローとストックに着目した一般廃棄物最終処分事業の環境会計に関する研究,第20回廃棄物資源循環学会研究発表会,名古屋,2009年9月
  23. 水谷聡,貫上佳則,都市ごみ溶融スラグ中のPb含有量の変動について,第9回環境技術学会研究発表大会,大阪,2009年9月
  24. ムケディス・アブドリシティ,貫上佳則,水谷聡,一般廃棄物処分場内での重金属の有機物への吸着について,第9回環境技術学会研究発表大会,大阪,2009年9月
  25. 角谷和志,水谷聡,貫上佳則,水銀化合物の土壌への吸着特性,第9回環境技術学会研究発表大会,大阪,2009年9月
  26. 西堀智子,久保田朋子,水谷聡,大正川における和亀保護を目的とした清掃活動の実例,第9回環境技術学会研究発表大会,大阪,2009年9月
  27. 中山裕文,島岡隆行,水谷聡、澤部咲余, 一般廃棄物最終処分場の維持管理機関を考慮した環境会計に関する研究,第30回全国都市清掃研究・事例発表会講演論文集,2009.01.30.
  28. 木田匡,水谷聡,貫上佳則:焼却灰溶融スラグにおける鉛含有量の濃度分布,環境工学研究フォーラム講演集, pp.55-57 (2008)
  29. 川崎太也,貫上佳則,水谷聡:道路体積粉じんに含まれる多環芳香族炭化水素類やニトロアレーンと交通量との関係,環境工学研究フォーラム講演集, pp.136-138 (2008)
  30. 水谷聡,高橋真司,貫上佳則:飛灰のキレート処理に伴う二硫化炭素の発生に関する検討,第19回廃棄物学会研究発表会講演論文集(CD-Rom), pp.618-620 (2008)
  31. 水谷聡,鍋島美奈子,姥浦道生,貫上佳則:大阪市における家庭系/事業系一般廃棄物の発生量の推定,第8回環境技術学会研究発表大会予稿集, pp.113-114 (2008)
  32. 裏本聡,水谷聡,貫上佳則:一般廃棄物のごみ組成分布と厨芥分別排出時の収集ごみ組成の変化特性,第8回環境技術学会研究発表大会予稿集, pp.115-116 (2008)
  33. 水谷聡,木田匡,西本保,貫上佳則:蛍光X線分析を用いた廃棄物溶融スラグの金属含有量の把握,第17回環境化学討論会講演要旨集, pp.854-855 (2008)
  34. 植村政也,水谷聡,山田攻男,貫上佳則:炭酸化処理した焼却飛灰セメント固化物からの金属類の溶出挙動-拡散溶出試験による評価-,第18回廃棄物学会研究発表会講演論文集(CD-Rom), pp.624-626 (2007)
  35. 水谷聡,前田親良,貫上佳則:大阪市における建物ストック量の推定,第18回廃棄物学会研究発表会講演論文集(CD-Rom), pp.93-95 (2007)
  36. 植村政也,水谷聡,山田攻男,貫上佳則:炭酸化処理した焼却飛灰セメント固化物の拡散溶出試験による評価, pp.159-162 (2007)
  37. 裏本聡,貫上佳則,水谷聡,山田攻男:廃棄物の溶出試験における重金属濃度変化の数値シミュレーション,第7回環境技術学会研究発表大会予稿集, pp.155-158 (2007)
  38. 西本保,水谷聡,貫上佳則:都市ごみ焼却灰溶融スラグの含有量、強酸抽出量、溶出量の比較,第7回環境技術学会研究発表大会予稿集, pp.151-154 (2007)
  39. 水谷聡,関元佑治,貫上佳則:炭酸化処理した焼却灰セメント固化物の酸中和容量とpH変化,第16回環境化学討論会講演要旨集, pp. (2007)
  40. 水谷聡,貫上佳則:日本における廃棄物溶融スラグの有効利用について,The 9th OSAKA-SEOUL Symposium on Environmental Issues, December 6&7, Osaka, (2006)
  41. 水谷 聡,山田 攻男,貫上 佳則,雑賀弘晃,ムケディス・アブドゥリシティ,小野芳朗:飛灰セメント固化物の二酸化炭素による中性化処理の検討,第16回廃棄物学会研究発表会講演論文集 pp.828-830 (2006)
  42. 渡辺信久,水谷聡,野村直史:減圧濃縮操作後の有機溶媒回収率の推定,第15回環境化学討論会講演要旨集,pp. (2006)
  43. 高月紘,渡辺信久,水谷聡:化学系実験室の実験に伴うリスク評価と学生の認識について,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 平成16年度研究成果報告書 pp.60-68 (2005)
  44. 水谷聡,渡辺信久,高月紘:廃棄物溶融スラグの粒径物金属含有量と溶出試験時の試料粒径について,第14回環境化学討論会講演要旨集,pp.786-787 (2005)
  45. 野村直史,水谷聡,鈴木靖文,渡辺信久,高月紘:実験操作に伴う化学物質曝露に関する検討,第14回環境化学討論会講演要旨集,pp.748-749 (2005)
  46. 柿沼公二,渡辺信久,水谷聡,高月紘:有機塩素・臭素化合物を燃焼させた時のCl・Brの挙動比較,第14回環境化学討論会講演要旨集,pp.594-595 (2005)
  47. 栗林佳史,渡辺信久,水谷聡,高月紘:ごみの種別燃焼による塩類の挙動,第14回環境化学討論会講演要旨集,pp.316-317 (2005)
  48. 渡辺信久,水谷聡,高月紘:損失余命を用いた化学物質短期間曝露の管理方法,第14回環境化学討論会講演要旨集,pp.162-163 (2005)
  49. 築谷淳志、中村和史、林錦眉、水谷聡、肴倉宏史、田野崎隆雄:欧州規格による廃棄物のキャラクタリゼーションについて(2〉,第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集II,pp.1452-1454 (2004)
  50. 高月紘、渡辺信久、水谷聡、森朋子:半揮発性有機物質を含む廃棄物の溶出揮散試験の開発、第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集II、pp.1274-1276 (2004)
  51. 野村直史、水谷聡、鈴木靖文、渡辺信久、高月紘:京都大学におけるクロロホルム、ジクロロメタンの大気揮散量の推定、第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集I、pp.3901-392 (2004)
  52. 肴倉宏史、水谷聡、田崎智宏、貴田晶子、大迫政浩、酒井伸一:利用形状に応じた拡散溶出試験による廃棄物溶融スラグの長期溶出量評価、第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集I、pp.1-3 (2004)
  53. 水谷聡、Jette B. Hansen, Ole Hjelmar:路上堆積物およびClay pigeonからのPAHsの溶出挙動について、第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集II、pp.1304-1306 (2004)
  54. 水谷聡、橋本健、顔嘉真、渡辺信久、高月紘:廃棄物溶融飛灰中の重金属類と塩分の湿式分離について、第15回廃棄物学会研究発表会講演論文集II、pp.1063-1065 (2004)
  55. 水谷聡,鈴木靖文,野村直史,渡辺信久,高月紘:化学実験時の薬品揮散量を意識した化学物質チェックシート,日本環境教育学会第15回大会研究発表要旨集,p.124 (2004)
  56. 水谷聡: 化学実験時の作業者の健康リスクと安全対策にかかわる教育基盤について,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「環境安全学の創成と教育プログラムの開発」第2回シンポジウム pp.25-34 (2004)
  57. 森朋子,渡辺信久,水谷聡,高月紘:加熱脱着グラファイト吸着剤を用いたPAH固相抽出法の開発,第13回環境化学討論会講演要旨集,pp.378-379 (2004)
  58. 野村直史,水谷聡,鈴木靖文,渡辺信久,高月紘:化学系実験室における溶媒の揮発挙動と作業環境,第13回環境化学討論会講演要旨集,pp.436-437 (2004)
  59. 水谷聡,橋本健,渡辺信久,高月紘:試料粒径の異なる廃棄物溶融スラグからの酸による金属抽出量について,第13回環境化学討論会講演要旨集,pp.464-465 (2004)
  60. 水谷聡:廃棄物に関する試験法とNordtest,最終処分場の安全性の評価法セミナー講演概要集,pp.77-84 (2004)
  61. 築谷淳志,田野崎隆雄,水谷 聡,中村和史:欧州規格による廃棄物のキャラクタリゼーションについて(1〉,第14回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.869-871 (2003)
  62. 大西康史,渡辺信久,水谷 聡,高月紘:臭素系難燃剤を含むプラスチックの熱分解挙動,第14回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.830-832 (2003)
  63. 水谷 聡,鈴木靖文,渡辺信久,高月紘:デンマーク工科大学における実験廃液,廃棄物の処理について,第14回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.261-263 (2003)
  64. 渡辺信久,高倉晃人,村谷陽子,水谷聡,高月紘: バリヤー放電ラジオ波ヘリウムプラズマ原子発光分析を用いた焼却排ガス中の低-中揮発性有機塩素の測定とダイオキシン類との相関, 第12回 環境化学討論会講演論文集, pp.630-631 (2003)
  65. 水谷 聡,幸正仁昭,高月紘:中和滴定曲線から見た都市ごみ焼却残渣の酸中和容量(ANC)について,第13回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II, pp.1182-1184 (2002)
  66. 水谷 聡,橋本 健,竹内和樹,高月 紘,酒井伸一:都市ごみ焼却飛灰、溶融スラグ及び溶融飛灰からの金属類の溶出挙動,第13回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II, pp.1176-1178 (2002)
  67. 水谷 聡,鈴木靖文,野村直史,高月 紘:研究機関における化学薬品の物質収支の把握−京都大学の事例−,第13回廃棄物学会研究発表会 講演論文集I,pp.249-251 (2002)
  68. 水谷 聡,肴倉宏史,大迫政浩,貴田晶子,酒井伸一:多変量解析による溶融スラグ中の元素と溶融形式の関係について,第13回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II, pp.826-828 (2002)
  69. 水谷 聡,竹内和樹,高月 紘,大迫政浩,貴田晶子,酒井伸一:廃棄物溶融スラグのアベイラビリティと酸中和容量(ANC),第13回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II, pp.823-825 (2002)
  70. 高月 紘,酒井伸一,水谷 聡,平井康宏,小清水大,山崎勝重:家庭系有害廃棄物と引越しごみの排出実態について,第12回廃棄物学会研究発表会 講演論文集I,pp.- (2001)
  71. 水谷 聡,竹内和樹,高月 紘,二松雅之,酒井伸一:都市ごみ焼却模擬飛灰のセメント固化物からの金属類の溶出挙動,第12回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II,pp.866-868 (2001)
  72. 水谷 聡,竹内和樹,高月 紘,酒井伸一:都市ごみ焼却飛灰の金属類の粒径分布と溶出試験の試料粒径について,第12回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II,pp.1136-1138 (2001)
  73. 浅利美鈴,平井康宏,水谷 聡,高月紘,酒井伸一:廃棄過程にある薬剤処理木材の溶出挙動及び燃焼挙動,環境衛生工学研究,Vol.15,No.3,pp.48-53 (2001)
  74. 水谷 聡,幸正仁昭,高月 紘,酒井伸一:pHおよび酸中和容量から見た都市ごみ焼却飛灰の類型化,環境衛生工学研究,Vol.15, No.3, pp.24-27 (2001)
  75. 浅利美鈴,平井康宏,水谷 聡,高月 紘,中村一夫,酒井伸一:廃棄過程にある薬剤処理木材の化学性状と溶出特性,第10回環境化学討論会講演要旨集,pp.514-515 (2001)
  76. 水谷聡,酒井伸一,高月紘,幸正仁昭: 粒子状廃棄物の酸中和容量を考慮した2段階バッチ試験の試み, 第11回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II,pp. 1274-1276 (2000)
  77. 水谷聡,幸正仁昭,酒井伸一,高月紘: 粒子状廃棄物の酸中和容量と金属類の溶出挙動に関する研究,第11回廃棄物学会研究発表会 講演論文集II,pp.1271-1273 (2000)
  78. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘:粉末状廃棄物の酸緩衝容量と金属の溶出挙動,環境衛生工学研究,Vol.14, No.3, pp.88-91 (2000)
  79. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘:小型カラム実験による都市ごみ焼却残渣からの重金属の溶出挙動とPbの吸着現象,第10回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.491-493 (1999)
  80. 水谷 聡,田村朋彦,酒井伸一,高月 紘:都市ごみ焼却主灰からの金属類の溶出挙動,第9回廃棄物学会研究発表会講演論文集機pp.417-419 (1998)
  81. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘 他:逐次抽出法による焼却灰薬剤処理物の評価,第19回全国都市清掃研究発表会講演論文集,pp.220-222 (1998)
  82. 八田直樹,高橋洋一,板谷真積,水谷 聡,酒井伸一:溶融スラグからの重金属の溶出特性,第8回廃棄物学会研究発表会講演論文集, pp.695-698 (1997)
  83. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘 他:都市ごみ焼却飛灰とその薬剤処理物の評価法,第8回廃棄物学会研究発表会講演論文集, pp.979-981 (1997)
  84. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘,本田由治,中川裕将:都市ごみ焼却飛灰からの水素ガス発生条件の検討,第8回廃棄物学会研究発表会講演論文集, pp.711-713 (1997)
  85. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘 他:一般廃棄物焼却飛灰とその薬剤処理物からの金属類の溶出挙動の比較,京都大学環境衛生工学研究,Vol.11,No.3,pp.59-62 (1997)
  86. 水谷 聡,吉田恒行,酒井伸一,高月 紘:都市ごみ焼却飛灰とその薬剤処理物からの有害金属の溶出特性,第18回全国都市清掃研究発表会講演論文集,pp.269-271 (1997)
  87. 水谷 聡,吉田恒行,酒井伸一,高月 紘:アルカリ条件下での飛灰からの重金属の溶出挙動,環境衛生工学研究,Vol.10, No.3, pp.182ー187 (1996)
  88. 高月 紘,酒井伸一,水谷 聡,浦野真弥,小林純一郎,伊藤 宏:阪神・淡路大震災における解体廃棄物に関する調査,環境衛生工学研究,Vol.10, No.3, pp.188ー193 (1996)
  89. 水谷 聡、吉田恒行、酒井伸一、高月 紘:アルカリ飛灰からの金属溶出量とアベイラビリティ,第7回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.858-860 (1996)
  90. 水谷 聡,吉田恒行,酒井伸一,高月 紘:アルカリ条件下での鉛の溶出挙動とアベイラビリティ,第17回全国都市清掃研究発表会講演論文集,pp.232-234 (1996)
  91. 高月 紘,酒井伸一,水谷 聡:災害と廃棄物性状,第6回廃棄物学会研究発表会講演論文集供pp.42-50 (1995)
  92. 酒井伸一,水谷 聡,岸田拓郎,高月 紘:溶出試験方法としてのアベイラビリティ試験とpH依存性試験の検討,第6回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.747-749 (1995)
  93. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘:都市ごみ焼却飛灰からのCd,Pb,Sb,Znの溶出挙動,環境衛生工学研究,Vol.8,No.3,pp.201-206 (1994)
  94. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘:一般廃棄物焼却飛灰からの金属の溶出挙動−pHとイオン強度の影響−,第5回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.395-397 (1994)
  95. 水谷 聡,酒井伸一,高月 紘,渡辺信久:廃棄物焼却飛灰の溶出挙動に関する実験的検討,第3回廃棄物学会研究発表会講演論文集,pp.599-602 (1992)

報告,解説等

  1. 水谷聡:都市ごみ溶融スラグ性状のばらつきと品質管理、産業機械、No.729 pp.10-13 (2011)
  2. 高月紘,渡辺信久,水谷聡:環境分野フロンティア-大学の環境安全管理システムについて,環境衛生工学研究,Vol.17,No.2, pp.5-10 (2003)
  3. 水谷聡:マレーシアとの大学間研究交流,環境衛生工学研究,Vol.17,No.1, pp.14-19 (2003)
  4. 田中勝, 田野崎隆雄, 水谷聡: 災害(震災等)に備えた廃棄物計画について(7) 日本における地震および台風に起因する災害廃棄物の問題と対策,都市清掃,Vol.55, No.250, pp.654-659 (2002)
  5. 水谷 聡,滝上英孝,川下好則,Sandeep Pareek,松井三郎:INSA LYON「廃棄物安定化と環境」国際会議報告,環境技術,Vol.28, No.10, pp.73-76 (1999)

学内向け報告,解説記事等

  1. 水谷聡:化学実験の実態調査と健康リスク、北海道大学環境保全センター報、No.14 pp.21-24 (2005)
  2. 高月紘,渡辺信久,水谷聡,鈴木靖文,野村直史:化学系実験室の作業環境測定,環境保全,Vol.19, pp.24-35 (2004)
  3. 高月紘,渡辺信久,水谷聡,鈴木靖文,野村直史:京都大学における化学薬品の物質収支の把握,環境保全,Vol.18,pp.73-83 (2003)
  4. 高月紘,渡辺信久,水谷聡,浅利美鈴,鈴木龍介:廃木材を用いた建築部材(パーティクルボード)製造プロセスにおけるLCA及びリスク評価,環境保全,Vol.18,pp.23-35 (2003)
  5. 橋本伊織,高月紘,水谷聡,山本芳華,大嶌幸一郎,奥村浩士,松本勝,笠原隆,森脇幸司:大学の研究活動と環境管理−桂キャンパスのISO14001取得に向けて−,環境保全,Vol.17,pp.20-31 (2002)
  6. 高月紘,酒井伸一,水谷聡,鈴木靖文,平井康宏,浅利美鈴,河井紘輔:大学の研究活動と環境管理−大学キャンパスのISO14001認証取得−,環境保全,Vol.16,pp.65-78 (2001)
  7. 高月紘,酒井伸一,水谷聡:都市ごみ焼却残渣溶融スラグの元素含有量と金属の溶出挙動,環境保全,Vol.16,pp.21-29 (2001)
  8. 高月紘,酒井伸一,水谷聡,真島敏行,本田由治:大学の研究活動と化学物質管理−PRTR法の適用に向けて,環境保全,Vol.15,pp.11-35 (2000)
  9. 高月紘,酒井伸一,水谷聡,本田由治,中川裕将:都市ごみ焼却飛灰からの水素ガスの発生について,環境保全,Vol.13,pp.47-57 (1997)
  10. 高月紘,酒井伸一,水谷聡:災害と廃棄物性状,環境保全,Vol.11,pp24-33 (1996)

書籍等

  1. いのちを守る都市づくり【課題編】東日本大震災から見えてきたもの (2012) 大阪市立大学都市防災研究グループ  編 (分担執筆),大阪公立大学共同出版
  2. 元素の分析 (2011) 日本分析化学会 編 (分担執筆),丸善
  3. 環境安全学−これからの研究教育の必須学− (2006)
    高月 紘(編著),大島義人,織 朱實,木下知己,伊永隆史,橘 淳治,玉浦 裕,藤田委由,水谷 聡,三宅淳巳,山田 悦,渡辺信久,丸善
  4. 廃棄物処分・環境安全用語辞典 (2000)
    小島,田村,島田,石井,田中,登坂,中杉,山川編:丸善

研究室へ戻る研究室へ      水谷のtopへ戻る水谷のTopへ