フィールドワーク of 大阪市立大学都市計画研究室

大阪市立大学 都市計画研究室(都市計画・都市デザイン)
【嘉名研究室】
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


都市計画研究室には「実験室」はありません。日々活動を続けている都市そのものが、我々の研究活動となります。そこで、都市計画研究室では、教育・研究活動の一環として、フィールドワークを重視し、積極的に活動を展開しています。

<近年の実績>
・生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪 
・水都大阪フェス
・アーバンデザイン甲子園
・船場博覧会
・北新地ガーデンブリッジオープンカフェ社会実験
・まちのコモンズ(都心公開空地、近代建築を活用した社会実験)2008-2010
・船場まつり
・どっぷり昭和町
・船場研究体(大阪都心船場のまちづくり団体、大阪大学、成安造形大とのコラボレーション)
・堺市南区区民まちづくり会議・まちづくりビジョン(郊外ニュータウン周辺都市空間の再生)
・日本建築学会創立120周年記念近畿支部設計競技「美しいまちをつくる,むらをつくる」最優秀賞
・大阪都市計画史研究会(大阪府建築士事務所協会機関誌「まちなみ」への連載)
・大阪市美観地区の計画思想と景観法の活用
・中之島、安治川等の水都アーバンデザイン構想
・御堂筋の街並み景観シミュレーション
・神戸2050年の都心デザイン提案
・上海市静安区南京西路道路景観設計基本計画策定
・茨木市総合計画策定、茨木市高度地区導入検討
・箕面市景観計画策定、大阪市景観計画策定、和歌山県景観条例策定 等

まちのコモンズ2009



2009年秋。11月16日から21日までの5日間。まちのコモンズが帰ってきました。内容は昨年度よりさらにパワーアップ。エリアも拡大して、様々な方々に御協力の環を広げていきました。
少しずつ、まちづくりの動きにつながってきています。船場の文化、歴史、空間の面白さを再発見できる試みです。

水辺ピクニック’09



東横堀川でのまちづくりを展開するe-よこ会とRIPS(パブリックスタイル研究所)が取り組む社会実験、e-よこ水辺ピクニック'09にも参加。嘉名や研究室学生だけでなく、研究室OBOGも参加してくれました。公共空間の使いこなしから空間のあり方、デザインのあり方、マネジメントのあり方、そして制度のあり方を摸索する試みです。

船場センタービルミュージアム2009



中船場の4商店会がまちの活性化に取り組みだした「船場まつり」。中船場ブランドの発信、商売の活性化、船場センタービルの再生などなどその思いは様々。都市計画研究室は船場アートカフェとともに、空きテナントスペースを使った船場センタービルミュージアムを開設しました。計画当時の図面や模型、記録映画などを展示しました。

まちのコモンズ2008



2008年秋。11月25日から29日までの5日間。大阪の都心・船場、高麗橋2丁目で実施した社会実験です。
大阪市立大学・都市研究プラザ・船場アートカフェ、高麗橋2丁目町会と共同で実施した新しいまちの試みです。街の歴史・文化、隠れたコンテンツに光をあて、その魅力を発信しました。
多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。